« 晩秋のウラギンシジミなど | トップページ | タヒバリ(冬鳥) »

2013年11月24日 (日)

モミジバフウに産みつけられたカメムシの卵(2013/11)

 街路樹のモミジバフウが紅葉しています。1r0040242_2

 本種は大正時代に渡来した北米から中南米原産の落葉高木で、公園・街路樹として植栽されています。
 雌雄同株で、花期は4月頃。雄花と雌花が別々に頭状花序をつけます。

 
 今きれいに紅葉して、樹の周辺には紅葉した落ち葉や、熟した球形の集合果が落ちています。2r0040242_10

 
 逆光の紅葉を撮っていたら、葉裏に何やら四角いものが透けて見えました。3r0040242_6

 
 几帳面に産みつけられたカメムシの卵でした。ざっと数えてみると350個ほどもあるようです。R0040265350

 
 ユニークな形なので、ネットで画像検索して見ましたが、親御さんはどなたか分かりませんでした。R0040265trm

 今から孵化して越冬するのでしょうね。

|

« 晩秋のウラギンシジミなど | トップページ | タヒバリ(冬鳥) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋のウラギンシジミなど | トップページ | タヒバリ(冬鳥) »