« 晩秋の昆虫①ベッコウバエ、ホソヘリカメムシ、マルカメムシ、ヨモギハムシ、テントウムシ | トップページ | 獅子柚子(ジャガタラユ、鬼柚子) »

2013年11月16日 (土)

晩秋の昆虫②オオヨコバイ、ビロウドサシガメ、クロモンサシガメ幼虫、赤くない赤トンボ、マエアカスカシノメイガ

 晩秋の散歩コースでまだうろうろしていたおなじみの昆虫です。

●オオヨコバイ(ヨコバイ科):
 草むらをまだ元気よく飛び跳ねていました。大きさ(翅端まで)8~10mmほど。
 淡緑色の大きなヨコバイで、頭部には黒点があります。
 出現時期は5~11月、分布は日本各地。Photo

 
●ビロウドサシガメ:
 繰り返し掲載です。枯れ茎に登らせて観るとサシガメ類の口吻の特徴が良く分かります。Photo_2

 
●クロモンサシガメ幼虫:
 同じです。Photo_3

 
●赤くない赤トンボ:
 公園の擬木で日向ぼっこをしていました。寒そうな色でした。Photo_4

 
●マエアカスカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科):
 樹の茂みから小さな白いガがヒラヒラ舞い上がって、頭上のクヌギの葉にとまりました。
 マエアカスカシノメイガでした。
 幼虫の食葉樹はモクセイ科のネズミモチ、キンモクセイ、イボタノキ、ヒイラギ、オリーブなど。
 出現時期は4~11月、分布は日本各地。Photo

|

« 晩秋の昆虫①ベッコウバエ、ホソヘリカメムシ、マルカメムシ、ヨモギハムシ、テントウムシ | トップページ | 獅子柚子(ジャガタラユ、鬼柚子) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋の昆虫①ベッコウバエ、ホソヘリカメムシ、マルカメムシ、ヨモギハムシ、テントウムシ | トップページ | 獅子柚子(ジャガタラユ、鬼柚子) »