« がんばるヨモギハムシ(2013/12) | トップページ | 北関東の山・冬景色、ダイサギ? »

2013年12月22日 (日)

12月中旬、池の鳥(マガモ、コガモ、カワセミ、カイツブリ)

 冬至。冷たい風の吹く冬晴れの一日、雑事のみで一日過ぎてしまいました。
 就寝前、入浴してから、柚子が入ってないことに気がつき、明日までお預けに。
 そんな程度のぬるい日常です。

 何も無いので先頃の池の様子。
 今シーズン、当地の周辺では冬鳥の姿がずいぶん少ないというバードウォッチャーの声が聞かれます。

 それかともかく、池で見かけたのは特に変わり映えのない鳥だけでした。
●マガモ(冬鳥):Img_0049_3

 
●コガモ(♂)(冬鳥):Img_0096_2cctrm

 
●カワセミ(留鳥):
 はるか遠くの水辺の枯れ枝にとまって、時々水中にダイビングして魚捕りをしていました。
 水が濁っていて、しばらく見ていた間には獲れなかったようです。Img_0108

 
●カイツブリ:
 いつもと変わらず、気がつくとすぐに潜って遠くに去って行くので"お尻姿"のショットしか撮れません。
 ふわふわの白いお尻の羽毛の中に、ここがお尻という目印の黒い羽毛が”1本”。Img_0121_3

Img_0122

|

« がんばるヨモギハムシ(2013/12) | トップページ | 北関東の山・冬景色、ダイサギ? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がんばるヨモギハムシ(2013/12) | トップページ | 北関東の山・冬景色、ダイサギ? »