« 夏のクヌギ林で① | トップページ | トックリバチの巣(抜け殻) »

2013年12月17日 (火)

夏のクヌギ林で②オオスズメバチ、ゴマダラチョウとアカボシゴマダラ

 過去ログの続きです。夏の公園のクヌギ樹液で、やはり強かったオオスズメバチ。

●(オオスズメバチとカナブンがいた樹液で)ゴマダラチョウ3頭が吸汁しているところへ、1_2

 
●アカボシゴマダラが飛来して、2

 
●オオスズメバチが侵入者を追い出しにかかると、先にゴマダラチョウが次々に飛び去り、3_2

4_2

 
●最後に残ったアカボシゴマダラも追われて飛び去りました。5

 オオスズメバチが断然強いです。
※余談:
  オオスズメバチは腹部の”二本目の縞”が線のように細いですが、コガタスズメバチのそれはずっと太いので識別できます。
 なお、オスの腹部は7つの腹節、メスでは6つの節からできています。

|

« 夏のクヌギ林で① | トップページ | トックリバチの巣(抜け殻) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏のクヌギ林で① | トップページ | トックリバチの巣(抜け殻) »