« トックリバチの巣(抜け殻) | トップページ | 2013/12初雪、ヒヨドリ »

2013年12月19日 (木)

オナガとムクドリ

 雪混じりにはなりませんでしたが、終日の小雨で真冬の寒さに。
 余計に寒くなるニュースもあったりして・・・

オナガ(カラス科):
 “ギューイ”という濁声をあげて、街中を数羽の群れて飛んでいるオナガです。
 つい先日のこと、散歩コースで最後に残った畑の柿の木に、ムクドリが陣取っていたところへ、1羽飛来してムクドリの食べ残しにありついた途端に、Img_0413trm

 
 ヤクザなムクドリに追われてしまいました。Img_0414trm

Img_0416trm

 目にする度に、ムクドリの目つきの悪さは可愛くありません。

※オナガ(留鳥):
 頭は黒、背は淡い灰褐色、翼と尾は青灰色の姿をひらひらさせて水平に飛ぶ様はエレガントですが、カラスの仲間。
 鳴き声は悪声です。尾羽は20cmほどと長く、頭と体の大きさはムクドリ大です。
 生息域は本州の中部地方以北に限られていて、山地の林縁や農耕地に点在する屋敷林、果樹園、住宅地など、人の生活の近くです。

|

« トックリバチの巣(抜け殻) | トップページ | 2013/12初雪、ヒヨドリ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トックリバチの巣(抜け殻) | トップページ | 2013/12初雪、ヒヨドリ »