« ハタケゴケ、コフキヂリナリア | トップページ | マイヅルテンナンショウの果実 »

2013年12月11日 (水)

最後のハラビロカマキリ、コカマキリ、ハヤニエになったショウリョウバッタ

 雑記です。

●カマキリ:

 初夏には庭先にもやって来ていたハラビロカマキリの子供。Blg

 
 晩秋、陽当たりの民家で。
 取り残された熟柿を見上げた時に、暖をとっていた最後の ハラビロカマキリ。(翅に白斑)Img_1582_2

 
 同じく初夏の庭にやって来たコカマキリの子供。Blg_2

 
 そして秋にやって来たコカマキリ。R0038067

 
●モズのハヤニエ:
 先日、モズが飛び回っているフィールドで偶然目についた”モズのはやにえ(早贄)”のショウリョウバッタ(褐色型)。
 自生した桑の木の枝に刺さっていました。ひからびてなかったので比較的新しい”作品”でしょうか。R0050005

|

« ハタケゴケ、コフキヂリナリア | トップページ | マイヅルテンナンショウの果実 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハタケゴケ、コフキヂリナリア | トップページ | マイヅルテンナンショウの果実 »