« 冬の果実(ジャノヒゲ、ヤブコウジ、カラタチバナ、センリョウ、マンリョウ、マサキ) | トップページ | 冬のオオイヌノフグリ、ナナホシテントウ »

2014年1月 8日 (水)

ナズナのロゼット

 昨日(1月7日)は、五節句の一つ「人日(じんじつ)の節句」でした。
 この日の朝には一年の邪気を払い無事を祈って、七種類の野菜(草)を入れた「七草粥」を食べる習わしがあり、現今も、忘れないように、スーパーの特売チラシにも広告されています。
 それで昨日は、「七草セット」パックを横目に見ながら、お総菜コーナーで、てんこ盛りにして売られていた”七草のかきあげ”天ぷらで、今年の邪気払いの代用といたしました。
 こういう手抜きではご利益はあまりないでしょうね。

 今頃、近郊の田んぼ道や畑などで、粥に入れて食べられそうな“七草野草”の若芽はまず見つかりません。
 ただ、この1/7という日時は旧暦の話で、現代の暦から言えば2月頃のことになるでしょうが、それでも暖地以外では、全部は揃いそうにありません。
 ですから揃わなくても良かったのでしょうね。
 七草の野草(菜)のうち、秋に芽吹いてロゼットで越冬するナズナなどは確かに、田んぼ道でシモヤケ状態で見つかりますが・・・。

※春の七草
 以下、ナズナ、スズシロ(ダイコン)は昨日撮影、その他は過去、早春以降に拙ブログに掲載済みの画像を再ピックアップしたり、昨日近くのお店で買ったもので、むりやり揃えたお座なり画像です。

●セリ:Photo

 
●ナズナ:
 ロゼットです。中には花茎を伸ばして白い花が付いている株も見受けられました。C

 
●ゴギョウ(ハハコグサ):
 実際のところ、若芽でも毛がもそもそして、茹でても"美味しく"食べられそうにないです。Photo_2

 
●ハコベラ(ハコベ):
 (在来種のミドリハコベ、外来種のコハコベが多いですが、画像はコハコベです。)Photo_3

 
●ホトケノザ(コオニタビラコ):
 近郊ではまず見られなくなっています。
 比較的自然度の高い地域でないと見つからないようです。Photo_4

 
●スズナ(カブ):R0050011

 
●スズシロ(ダイコン):
 近くの市民農園の皆さんの”"作品”です。Photo_6

|

« 冬の果実(ジャノヒゲ、ヤブコウジ、カラタチバナ、センリョウ、マンリョウ、マサキ) | トップページ | 冬のオオイヌノフグリ、ナナホシテントウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬の果実(ジャノヒゲ、ヤブコウジ、カラタチバナ、センリョウ、マンリョウ、マサキ) | トップページ | 冬のオオイヌノフグリ、ナナホシテントウ »