« ツグミ、モズ(1月)中旬 | トップページ | 富士山/(1月、降雪のたんぼ道から遠望) »

2014年1月18日 (土)

カワセミ(1月)

 いつもは見つけるより先に「チィー」と鳴き声をあげて、目の前を飛び去っていく”青い宝石”カワセミです。
 今回初めて、先に(逃げられる前に)近くで見つけました。
 通りかかった狭い水路にかかる橋の欄干の隙間からです。
 そっとのぞいてみると、透明度の低い水面を凝視しています。
 (画像はクリックで拡大します。)
 姿勢が不自然で、“絵にならない”Img_0655

 
●と、見ていたら、凝視する視線は変わらずに、くるりと背中向きになりました。
 「青い鳥」です。Img_0656

 
●チャポン、と飛び込んですぐに、少し遠くに飛び上がりました。不発だったようです。
 しばらくそのままにとどまっていました。
 光の方向が(顔の向き)今ひとつで、目に光が入った、活きた姿が撮れないまま、Img_0660

 
●飛び去っていきました。Img_0661

 全長17㎝、背中は光沢のあるコバルトブルー、目の下と腹面はオレンジ色で、足は赤色をした美しい鳥。
 嘴は体にくらべ長くて太く、雄は嘴全体が黒色ですが、雌は下嘴が赤色なので、今回は雄のようです。

 
余談:
 メーテルリンク(ベルギー)の童話劇『青い鳥』(ノーベル文学賞受賞作品)。
 ラストシーンでは、自分の家の鳥カゴで見つけた“幸せの”『青い鳥』も、カゴを開けた途端に飛び去ってしまいます。
 熱心なバードウォッチャーにとっては、カワセミも、幸せの青い鳥でしょうか。

|

« ツグミ、モズ(1月)中旬 | トップページ | 富士山/(1月、降雪のたんぼ道から遠望) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツグミ、モズ(1月)中旬 | トップページ | 富士山/(1月、降雪のたんぼ道から遠望) »