« コゲラ(1月下旬) | トップページ | ホトケノザ、テントウムシ、フタホシヒラタアブ、ニンドウ(スイカズラ) »

2014年1月31日 (金)

ジョロウグモの卵塊、クワコの繭

 1月も最終日。
 前日は池や水路に氷が張って日陰は融けず、午後小雨がぱらつきましたが、今日はうって変わって朝から気温は高め。
 日中は14℃まで上がり過ごしやすかったのですが、前日のささやかなお湿りは全く無効で、外に出ると強風が土埃を巻き上げる、というあまりうれしくない1日でした。
 2月も気温の日間変動は大きく乱高下するという予報で、気になるスギ花粉の飛散も、少量ながら本日確認されたとのこと。
 ともかくそうして季節は進んで行きます。

 1月の締めくくりは、近隣の自然公園で見かけた春待ちの目立たぬ生き物で。

●ジョロウグモの卵塊:
 自然公園の木の幹にクモの巣がありました。白い糸に包まれた塊です。
 晩秋から初冬の間にジョロウグモが産みつけた卵塊です。卵のまま越冬しますが、時にはコゲラなどに食べられてしまうこともあるそうです。Img_1664

Img_1664trmcc

 
 参考::2013.11.14山地で見かけたジョロウグモ♀:20131114

 
●クワコの繭:
 葉を落とした(たぶん)ヤマグワの枝先に白い繭がぶら下がっていました。穴が開いていたので古い抜け殻だったようです。
 絹糸を紡ぐカイコのご先祖のクワコという蛾の繭です。Img_1669trm1

Img_1669trm2l

 クワコは年に2~3回世代を繰り返す2~3化性で、初秋にできた新しい繭の中には卵があって休眠越冬し、初夏に成虫になって繭から出てくるそうです。

 (なお、門外漢には分かりませんが、クワコの化性については1化性とするものから2~4化性の記事もありました。一例→ http://www.ier.hit-u.ac.jp/Common/publication/DP/DP457.pdf  など。)

|

« コゲラ(1月下旬) | トップページ | ホトケノザ、テントウムシ、フタホシヒラタアブ、ニンドウ(スイカズラ) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コゲラ(1月下旬) | トップページ | ホトケノザ、テントウムシ、フタホシヒラタアブ、ニンドウ(スイカズラ) »