« 2014(H26)元旦 | トップページ | タヒバリ(2014/1) »

2014年1月 2日 (木)

キンクロハジロ(冬鳥)

 相も変わらずの正月テレビ番組にも食傷気味。快晴の日中に外出。
 冬枯れのフィールドの遠くに筑波山や日光連山を望む上空から、乾いた北西の強風が高圧送電線をならす轟音が降ってきます。
 近くの電柱からはヒューヒューと悲鳴のような甲高い風切り音が耳元に響く、誰もいない、何にもいない(なぜか無人の車が1台の)散歩コース。
 都市・市街地の賑わい・雑踏には無縁の静寂の郷です。Photo

 
 押し戻されそうな風に向かって自転車で池まで行って見ると、根性のある釣り人が独り、じっと釣り糸を垂れて無念の境地。

 池面は大きく波立ち、浮かんでいる水鳥も、望遠で覗くと首だけ見えるような光景も。
 波間に沈むマガモ♀、Photo_2

 
 そして遠くのヒドリガモ。Img_0538trm

 
 そんな中で1羽の黒と白の羽毛の鳥が1羽飛び立ち、遠くに浮かびました。
 肉眼ではマガモの群れに交じって識別できませんでしたが、撮影後の画像を確認したら、今シーズン初めて池で観察したキンクロハジロでした。
 黒白のツートンカラー(雄)で黄色い目、そして頭の後に寝癖がついたような冠羽があります(が、今回の写真ではわかりにくいです)。Img_0530trm

Img_0531trm

|

« 2014(H26)元旦 | トップページ | タヒバリ(2014/1) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014(H26)元旦 | トップページ | タヒバリ(2014/1) »