« 雪(2014/2)、ジンチョウゲ、ロウバイ | トップページ | 大雪/スズメ »

2014年2月14日 (金)

雪、カナメモチ、キリの冬芽と葉痕・維管束痕

 予報のとおり、朝から降雪です。午前中は粒の大きな重い湿雪で、道路にはあまり積もらず融けていました。
 しかし午後3時過ぎから気温も0℃近くに下がり、粒も細かな雪に変わるとあっという間に積もりはじめました。
 明日は幸い学校も休みなので、道路の雪かきもゆっくりで大丈夫でしょう。R0059963

R0059966

 
 冷気が身に沁みて、何も無い冬の農道沿いで。

●カナメモチ(バラ科)
 大きな農家の屋敷を囲んで、刈り込みなどの手入れが行き届いた、高さ2.5m、幅は20m以上もあるカナメモチの生け垣に、時季はずれの花が開いていました。
 直径10cmほどの花序に、さすがにこの時季ですから、花数もまばらで、いじけた小さな白い5弁花でしたが。
 雌雄同株の常緑低木で、花期は5~6月。R0059956

 
 春を待つ赤い冬芽や、春を待ちきれず展開をはじめた少数の赤い新葉もきれいでした。
Photo

 
●キリの冬芽と葉痕/維管束痕
 近くで見かけられる落葉高木の桐は、たいてい見上げるような高木がほとんどです。
 そのため観察の機会が少ないのですが、偶々、切り倒された株元から生えたひこばえの幼木の枝先が、ちょうど目の前にあったので覗いてみた冬芽と葉痕/維管束痕です。
 冬芽(側芽)は鱗芽、じっとそこだけ見つめると、小鳥の顔のようにも見えます。
 大きな葉痕は楕円形~心形で、維管束痕は多数並んでいます。R0059962temcc

|

« 雪(2014/2)、ジンチョウゲ、ロウバイ | トップページ | 大雪/スズメ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪(2014/2)、ジンチョウゲ、ロウバイ | トップページ | 大雪/スズメ »