« 冬のミヤマシキミ、ヒサカキ、アセビ、スイカズラ(忍冬)&忍冬文 | トップページ | ミコアイサ(冬鳥・2014/1) »

2014年2月11日 (火)

ツグミ(冬鳥)、その後

 今シーズンは冬鳥が少ないと言う声が、やはりあちらこちらで聞かれるようです。
 散歩コースでも、本来珍しくはないツグミの姿が珍しいと感じる昨今です。
 ただ一時期より増えてきたようで、
 草原で1羽(1月21日)、121img_1263

 
 広い田んぼで1羽(1月24日)、という程度になってきました。124img_1366

 
 先日の”大雪が”まだ消え残っている畑でも1羽、土をほじくり返していました(2月11日)。210_img_1929

210_img_1930

 その昔、大挙して渡って来ると、かすみ網で一網打尽にされて(→1947年/昭和22年にツグミのかすみ網猟は禁止されましたが)、焼き鳥の本命にされたという”過去”を持つ、そういうことにも口をつぐんでいるツグミです。

|

« 冬のミヤマシキミ、ヒサカキ、アセビ、スイカズラ(忍冬)&忍冬文 | トップページ | ミコアイサ(冬鳥・2014/1) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬のミヤマシキミ、ヒサカキ、アセビ、スイカズラ(忍冬)&忍冬文 | トップページ | ミコアイサ(冬鳥・2014/1) »