« 白梅ほころぶ、不明のハエトリグモ | トップページ | ハシビロガモ(冬鳥・2014/1) »

2014年2月18日 (火)

不明のクモ、カキの冬芽と葉痕・維管束痕

 先の大雪で、庭の日陰になるところの雪はなかなか融けないので、毎日少しずつ陽当たりに運んで融かすのが日課になっています。
 日常生活にはまったく差し支えないので、いっそう、いまだに孤立状態が続いている地域の皆様のご苦労がしのばれます。

 さて、昨日に続いて、小さな別のクモです。
 スコップで植木の周りのカチカチに固まった雪を切り取っていたところ、雪の塊の上に小さなクモがスーッと落ちてきました。
 寒いからでしょう、緩慢な動きで雪の表面を這っていきました。
 全体に茶色っぽく、体長5~6mmくらいだったでしょうか。名前も種類も分かりません。

●不明のクモ

R0060014trm

R0060016trmcc

R0060022trmcccc

 
 青空でしたが連日の強風で、体感温度は真冬並みでした。

●しかし、目にしたカキの冬芽と葉痕維管束痕は青空に生えて、雰囲気としてはもう春です。R0060003trm

|

« 白梅ほころぶ、不明のハエトリグモ | トップページ | ハシビロガモ(冬鳥・2014/1) »

動物」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

カキの冬芽、一瞬カモが口を開けいるように見えました。
しかし、カモには歯が生えてないので……

投稿: goofukurou | 2014年2月21日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白梅ほころぶ、不明のハエトリグモ | トップページ | ハシビロガモ(冬鳥・2014/1) »