« シロバナカタクリ(2014/3) | トップページ | ヒヨドリ »

2014年3月30日 (日)

2014/3 冬鳥オナガガモ北へ帰る

 昨日までの晴れとはうって変わって終日の雨降りで、午後から強風も。
 ただ比較的暖かいので、文字通り、”木の芽萌やし”です。

 木の芽 木の芽/木の芽のめぐりに雨が降る
                       若山牧水〔春の雨〕

●オナガガモ:
 冬の移動途中で数回姿を見せたオナガガモが、最後に池に姿を見せたのは3月初旬(3/4)でした。
 長旅に備えて、ぐっすりとお休み中の1つがいだったようです。
34_1

34_2

34_4

34_5

 毎年一番遅くまでいるコガモ、そして次にのんびりしているヒドリガモの群れと、田圃地帯を単独でうろうろしているツグミも、このところの急な暖かさで、帰り支度を急かされているでしょう。
 旅の無事を祈ります。

 
●年中いるお邪魔虫のカワウはうろうろ。Photo

|

« シロバナカタクリ(2014/3) | トップページ | ヒヨドリ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シロバナカタクリ(2014/3) | トップページ | ヒヨドリ »