« ミコアイサ幼鳥、オカヨシガモ雌雄、オナガガモ雌雄(2014/2・冬鳥) | トップページ | ヒヨドリ/3月 »

2014年3月 1日 (土)

3月始まり/ユキワリソウ、ヒトリシズカ、サンシュユ、ネコヤナギ、ヒヨドリ

 3月の始まり。
 今日は朝から冷たい雨が降り、余寒というより完全に冬に逆戻り。今夜から降雪注意報が出ています。
 立春を過ぎて暦の上では「春」になっても、『早春賦』で”♪春は名のみの風の寒さや”、と歌われた頃と同じようです。

 昨日は雨の後に日中の気温が18℃まで上がる4月の陽気になりました。
 マスクとメガネで防衛をしたつもりで公園に行きましたが、茶色に熟した実をつけて花粉を振りまいている植栽のスギには勝てません。
 早速ティッシュペーパーの箱のお世話になっています。

●ほころびはじめたユキワリソウ(ミスミソウ):
 春一番に咲くといわれる雪割草。数年前に園芸種の鉢植えを一株もとめて庭植えにしていたものです。 
 先の記録的大雪から10日後の融けてきた氷雪の中に、小さなピンクの蕾を見つけました。(写真上)
 そして昨日、濃いピンクの花が開きはじめましたが(写真下)、
(花には花弁は無く、中心に雌しべ、その回りに雄しべが伸びだしています。
 1枚開いたピンクの花弁に見えるのは萼片で、その下の緑がかった萼のように見えるのは総苞です。)Photo

 今日は冷たい雨で、今はすっかり閉じてしまいました。

 
●ヒトリシズカ芽生え:
 雪が融けて、折れた小枝などの掃除をしていて見つけた芽生えです。(写真上)
 今日の雨の中、変化はゆっくりです。(写真下)Photo_2

 
●サンシュユ:
 昨日の暖気のせいで、あわてて線香花火のような黄色い花を開こうとした様子でしたが、またしばらく足止めになりそうです。R0060183

 
●ネコヤナギの雄花開花。
  昨日、1つの雄花序だけ開花しました。今日はそのまま冷たい雨に打たれていました。R0060212nn

 
●ヒヨドリ:
 お昼前、ご近所のスズメのために用意してある餌台に2羽のヒヨドリがやって来ました。R0060205cc

 甘い物好きのヒヨドリです。サクラの花の蜜をむさぼることができる時まで、しばらくの食いつなぎ我慢です。
 消費税アップで買いだめなどには無縁の世界の住人ですから・・・ 

 春の到来と共に、冬を過ごす渡りの途中で調節池を訪れていた冬鳥たちも北へ帰る準備の移動や、また旅立ちが始まります。
 今月中のしばらくの間、時には移動途中の小休止で通過していく北帰行の鳥の仲間に出会えるかも知れません。

|

« ミコアイサ幼鳥、オカヨシガモ雌雄、オナガガモ雌雄(2014/2・冬鳥) | トップページ | ヒヨドリ/3月 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミコアイサ幼鳥、オカヨシガモ雌雄、オナガガモ雌雄(2014/2・冬鳥) | トップページ | ヒヨドリ/3月 »