« つれづれ日記 | トップページ | ゴマダラチョウ越冬幼虫(2014/4) »

2014年4月22日 (火)

キジ(雉)/コイ(鯉)・2014/4

 早朝は気持ちの良い晴天でしたがすぐに陰りはじめ、正午にはどんより曇り、そして夕刻から小雨に変わった一日になりました。

●田植え:
 近くでは一番早い田植えが行われていました。
 曇った後に吹く風はまだ冷たいものの、ツバメが低く飛んで初夏を感じさせる風景です。R0071255

 
●キジ:
  菜の花の香りが風に乗って、治まりつつある今シーズンの”花粉症鼻”にも匂う草原に、キジの姿がありました。
 少し前から、天気の良い日には”ケーン”という鳴き声だけは聞いていましたが、姿を見るのは今シーズン初めてです。
 つがいだったようです。別々に姿を現してから、ゆっくり歩いて”菜の花藪”に消えていきました。Img_2988

Img_2988_2

 
●鯉:
 水路水門には遡上の始まった鯉が群れをなして集まっていました。Img_2998

Img_2997

 ゴールデンウイークを過ぎる頃には、町裏を流れる遊歩道沿いの水路にもバシャバシャと水をはね飛ばして遡上する大きな鯉の姿があり、道行く人の足を止める光景が見られます。

|

« つれづれ日記 | トップページ | ゴマダラチョウ越冬幼虫(2014/4) »

動物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つれづれ日記 | トップページ | ゴマダラチョウ越冬幼虫(2014/4) »