« ジャコウアゲハ♂ | トップページ | アリグモ(♀) »

2014年5月16日 (金)

ギンメッキゴミグモ

●ギンメッキゴミグモ(コガネグモ科):
 5月初旬、林縁に垂直の巣をかけて、その真ん中に頭を上にして静止しているのを見かけました。
 大きさ(体長)や腹部の丸みから♀のようでした。
 名前の通り、腹部背面は銀色に輝いてきれいでした。
 1枚撮ってみると被写体ブレでダメ。日陰の樹間で、また微風にも揺れるせいです。
 そしてフラッシュ撮影にすると色飛びしてこちらもダメ。
 あらためてフラッシュ無しで何回か撮り直し。
 (画像はクリックで拡大します。)R0072227_1

R0072227_2

 
 その時、突然カメラの視野から消えました。。
 見回すと、ちょうど網に掛かった獲物の処理をしているところで、これもブレ写真に。R0072227_42

 
 また直ぐに定位置に戻ってきました。とりあえず空腹ではなかったのでしょうか。R0072227_5

※ギンメッキゴミグモ(コガネグモ科)は、直径20cm程度の円網を張る小型のクモで、林縁、竹林、生け垣などに生息しています。
 造網個体は4月~12月にかけて見られ、年3化ほどの多化性です。
 オス(体長約4mm)は細長く銀色の腹部を持つのに対し、オスより大型で腹部も球形になるメス(同6mm)は、銀色と黒色で構成される複雑な模様が腹部背面に現れます。
 模様は多型的であり、さらに季節ごとに黒っぽい個体の増減が見られたり、各体色間で造網場所の選択も起こったりするようです。(参照:http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/61/PA3-085.html)

|

« ジャコウアゲハ♂ | トップページ | アリグモ(♀) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャコウアゲハ♂ | トップページ | アリグモ(♀) »