« ハマナス、ハマヒルガオ、シロバナマンテマ、ウワバミソウ、その他 | トップページ | 5月、生け垣のケムシ:ドクガ幼虫、キドクガ幼虫、ヒメヤママユ幼虫 »

2014年5月30日 (金)

ヤン・リーピン「孔雀」 (観劇メモ)

★ヤン・リーピン「孔雀」【2014/5/23(金)~6/1(日)】*
 2014.5.29、観劇メモ:

 開演中の録画・撮影は禁止。終了後、ここから撮影OKというフィナーレ/カーテンコールの画像掲載。

●【時】1_r0072932t

 
●【神】2_r0072941tc

 
3_3r

 
●【鴉】4_r0072943ct

 
●【孔雀】5_r0072944ct

 
●【ヤン・リーピン孔雀】(画像はクリックで拡大)6_r0072947ct

 
7_r0072955ct

 
8_r0072957

 
R0080796

*2014年5月、ヤン・リーピンが “孔雀の舞”を舞踊劇にして来日。
 作品は2羽の孔雀と1羽の鴉(からす)が織りなす激しい愛と死を、四季を通して描きながら、ヤン・リーピンの“雄大な自然”への思いが語られていくもの。
 そこに“神”のまなざしと、決して止まることのない“時”の流れという独特の要素が加わり、荘大なストーリーが展開される。
 またこの物語で重要な“時”を体現するのがヤン・リーピンの姪で15歳のツァイー・チー(彩旗)。
 物語の内容に合わせて自在に緩急をつけ、上演中一時も止まることなくクルクルと回転する“超人的”な、「時」を象徴する姿は、驚きそのものでした。

 芸術/文化に国境はありません。

|

« ハマナス、ハマヒルガオ、シロバナマンテマ、ウワバミソウ、その他 | トップページ | 5月、生け垣のケムシ:ドクガ幼虫、キドクガ幼虫、ヒメヤママユ幼虫 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハマナス、ハマヒルガオ、シロバナマンテマ、ウワバミソウ、その他 | トップページ | 5月、生け垣のケムシ:ドクガ幼虫、キドクガ幼虫、ヒメヤママユ幼虫 »