« 梅雨入りの庭で | トップページ | ベニキジラミ »

2014年6月 7日 (土)

5月に見かけたカメムシ(ヒメツチカメムシ他7種)

 フィールドで普通に見られるカメムシです。

●カスミカメムシの仲間:
 ノイバラ周辺に沢山飛び回っていました。
 体長5mm弱。葉にとまっても動き回るので、被写体ブレやアングルが悪くて、なかなか名前の確認に役立つものが撮れませんでした。
 マダラカスミカメまたはモモアカハギカスミカメ(カスミカメムシ科)などに似ているところもありそうですが、名前は不明です。Photo

 
●チャバネアオカメムシ(カメムシ科):
 林縁にいました。
 大きさ11mm前後、黄緑色で、その名のとおり翅の部分が茶色いカメムシ。
 林地の周辺など見られ、サクラやクワの実の汁を吸う。カキ、ナシなど、果樹園の果実を食害するので嫌われものです。
 出現時期は4~10月、分布は日本各地。R0072346ct

 
●アカスジキンカメムシ幼虫(キンカメムシ科):
 コナラ、アカメガシワと別々の樹上で見かけました。
 きれいなカメムシの代表格の一つ、その幼虫です。成虫のきれいさはイメージできません。
 大きさ17~20mm。林地林縁の草の上や木の幹にじっととまっていることが多く、写真撮りに好適なカメムシです。(成虫画像は過去のものを再掲しました。)
 出現時期は5~8月、分布は本州、四国、九州。Photo_2

 
●ホオズキカメムシ(ヘリカメムシ科):
 林縁にいました。
 大きさ16mmほどの濃茶色で、がに股の後脚の”腿節”が太く、体表面に細かい短毛がはえているカメムシ。
 ホオズキやヒルガオ科の植物(サツマイモなど)も食害します。
 出現時期は5~6月、8月、分布は本州、四国、九州。Photo_3

 
●ホソハリカメムシ(ヘリカメムシ科):
 林縁にいました。
 大きさ10mmほど、淡褐色で、やや細長いカメムシ。胸部の両端が鋭く尖っています。
 スズメノテッポウ、イヌビエなどのイネ科の植物に寄生します。イネの害虫としても有名です。
 出現時期は4~10月、分布は本州、四国、九州。Photo_4

 
●マルカメムシ(マルカメムシ科):
 公園の生け垣の隙間に自生したケヤキの幼木に、まるで「カメムシの稔る木」のように集まっていました。
 体長5mm、丸っこい体型で黄褐色の上に黒い点刻が密にあるカメムシです。
 臭いカメムシ仲間の中でも、特に触ると悪臭を放つ、嫌われ者です。
 悪臭成分はアルデヒド系不飽和化合物で、外敵などに対しては毒物や忌避物質として働き、仲間には警戒フェロモンとして、また少量放出の時は集合フェロモンとして作用し集合します。
 ただこれほどまでに集中しているのを見たのは初めてです。
 出現時期は4~10月、分布は本州、四国、九州。Photo_5

 
●ヒメツチカメム(シツチカメムシ科):
 庭先を這っていました。
 大きさが4~5mmほどの小さな小判型のカメムシ。光沢のある黒色で、腹端(膜質部)は褐色です。
 外観はツチカメムシ(大きさ7~10mm)にそっくりです。
 地表に落ちている植物の実や、地中の植物の根を吸汁しています。
 出現時期は5~10月、分布は日本各地。5mm

 
●スカシヒメヘリカメムシ(ヒメヘリカメムシ科):
 タンポポの綿毛にとまっていました。
 外観がよく似た仲間がいてなかなか正確なところはわかりません。
 これまでも毎年繰り返し記録していますが、今回もスカシヒメヘリカメムシとしました。
 写真1枚だけで正しいかどうか確信はありません。
 大きさ6mmほど。体色は個体によって変化に富み、黒褐色、褐色、赤褐色などのものがいます。翅は透明です。
 出現時期は5~11月、分布は日本各地。R0073031

|

« 梅雨入りの庭で | トップページ | ベニキジラミ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨入りの庭で | トップページ | ベニキジラミ »