« ネコハエトリ、シラヒゲハエトリ、ササグモ | トップページ | エノキワタアブラムシ »

2014年6月26日 (木)

ラミーカミキリ

●ラミーカミキリ(カミキリムシ科):
 5月下旬に、近くの自然園でもラミーカミキリが姿を現したというニュースがあったのを思いだして、6月中旬の晴れた日、“探索”に行ってきました。
 林縁の草地に生えたカラムシ群落の間で、1匹だけ見つかりました。R0080305_1ct

R0080305_22

 
 逃げ足が速く、最後はポタッと地面に落下。
 落ちたのを指でつまんで近くの草の葉に載せ、逃げられる前に計測。R0080305_4

R0080305_5

 体長16mmほどでした。R0080305_6

 現在の分布域は関東以西の暖かい地方に普通となっていて、ブログなどでも拝見しますが、その後温暖化により分布域は北東方向に広がっているということです。
成虫は初夏に発生し、イラクサ科のカラムシ、ヤブマオ、アオイ科のムクゲなどを食草としています。
 幼虫は食草の茎の中に食いこみ、茎の髄を食べて成長し、越冬します。
 本種はかつて繊維作物として輸入されたラミーに付いてきた外来種と考えられ、ところにより駆除の対象になっているようです。
 なお「カミキリムシ科」昆虫は検疫有害動物(植物防疫法)に指定されています。
 http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/60430.html

|

« ネコハエトリ、シラヒゲハエトリ、ササグモ | トップページ | エノキワタアブラムシ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネコハエトリ、シラヒゲハエトリ、ササグモ | トップページ | エノキワタアブラムシ »