« アカボシゴマダラ(2014/夏)①、&ニイニイゼミ | トップページ | アカボシゴマダラ(2014/夏)③ ゴマダラチョウ、コムラサキ、ルリタテハと樹液に »

2014年7月26日 (土)

アカボシゴマダラ(2014/夏)②

 継続した定量的な観察記録は全く無くて、単に散歩ついでの定性的な観察にすぎませんが、年々、個体数は増えていると感じるアカボシゴマダラです。

 公園の林に数本あるクヌギで、一番太くて樹液が多く出ている木、また分泌場所は、アカボシゴマダラが独占するように見うけられます。

アカボシゴマダラが集まっている樹液分泌箇所。R0081253

R0081256c

 
 そこにゴマダラチョウがやって来ても、R0081264

 
 多勢に無勢で、結局追い払われてしまうようです。Photo_3

 
 同じ頃、近くにはアカボシゴマダラ幼虫の食葉樹であるエノキなど全く生えていない用水路の堤防でのこと。
 土手に自生したクワ(桑)の木が歩道の頭上に枝を伸ばしていたその下を通り過ぎようとした時、頭上にアカボシゴマダラのペアがぶら下がっているのが目にとまりました。
 こんなところまで、と驚いたものです。R0081131_2

|

« アカボシゴマダラ(2014/夏)①、&ニイニイゼミ | トップページ | アカボシゴマダラ(2014/夏)③ ゴマダラチョウ、コムラサキ、ルリタテハと樹液に »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカボシゴマダラ(2014/夏)①、&ニイニイゼミ | トップページ | アカボシゴマダラ(2014/夏)③ ゴマダラチョウ、コムラサキ、ルリタテハと樹液に »