« クズノチビタマムシ | トップページ | ウチワヤンマ »

2014年7月 5日 (土)

メダカナガカメムシ

●メダカナガカメムシ(メダカナガカメムシ科):
 ちょうど今頃の時節、クズノチビタマムシの囓り跡が残るクズの葉を裏返して見ると、(ほとんどが交尾中の)おびただしい数のメダカナガカメムシがいます。
 茶褐色のずんぐりした体型で大きさ2.5~3mmほど。
 写真でははっきりしませんが、“メダカ”の名前のように眼が左右に飛び出しているのが特徴です。
 なお前翅の先の膜状部分が大分傾いた日の光を反射して白く写っています。
 (画像はクリックで拡大します)1r0080957ct_3cc

Blg2014723

2r0080957ct_4

3r0080957ct_1

 
 腹面から。5r0080957ct_6

 一斉に反対側に隠れようとチリヂリに逃げていくので、何とかピントが合って撮れたのは少しだけですが、実際はもっと“いっぱい”いました。
 マメ科(クズ、ヤブマメ、ヌスビトハギ、ダイズ、アズキなど)の汁を吸っています。
 出現時期は4~9月、分布は本州、四国、九州。

|

« クズノチビタマムシ | トップページ | ウチワヤンマ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クズノチビタマムシ | トップページ | ウチワヤンマ »