« オオフタオビドロバチ | トップページ | 草原に生息しているヒメハンミョウの仲間 »

2014年8月 4日 (月)

エンジュ、シモツケ、トウキョウヒメハンミョウ(8月)

●エンジュ(槐)(マメ科 エンジュ属)
 7月になってから、公園に植栽された複数の樹木や、畑脇の道端に1本だけ大きくなったエンジュの花が開きはじめ、8月の今は散り敷いた小さな花の堆積で、遠くからでも地面が黄白色に見えるほどになっています。
 中国原産の落葉高木で、古くから(日本でも)街路樹や庭木として植栽されています。
 葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は4~7対あり、長さ3~5センチの卵形、表面は緑色、裏面は緑白色で短毛がありフェルトのようになっています。
 枝先の長さ15~30cmの円錐花序に、多数の淡黄白色の蝶形花を開き、蜂などの昆虫の蜜源植物となっています。Photo

 秋に結実する長さ4~8cmほどの豆果の莢は、種子と種子の間が著しくくびれています。
 野原に木の実など食糧の乏しくなる冬の間、ヒヨドリなどの貴重な餌になっています
 開花期は7~8月、分布は日本各地。

 
●7月下旬から、公園に植栽のシモツケが咲いています。721

 
●近くの葉にトウキョウヒメハンミョウがいました。721_2

 
●カラカラに乾いた田圃道にも、複数の同じ種類のヒメハンミョウが飛んでいました。722

|

« オオフタオビドロバチ | トップページ | 草原に生息しているヒメハンミョウの仲間 »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオフタオビドロバチ | トップページ | 草原に生息しているヒメハンミョウの仲間 »