« アカボシゴマダラの産卵 | トップページ | 変形菌「マメホコリ」の仲間(2014/夏) »

2014年8月10日 (日)

ヒメアカタテハ産卵と幼虫

 各地に災害をもたらしている台風11号、被災地の皆様にはお見舞い申し上げます。

 当地は台風本体から離れているためこれまで大事なく過ぎていますが、今夜から台風と前線の影響も受けて、大雨のピークになるので警戒するようにとの予報が出ています。
 また明日以降は暑さ復活の予報に。 

 
 8月初旬、例年より少し早い観察ですが、道端のヨモギにヒメアカタテハ幼虫の巣がありました。

●一個目の巣:
 (幼虫の食草の)ヨモギに産みつけられた卵が孵化し、出てきた幼虫は糸を出してヨモギの葉を丸めて巣を作り、中でヨモギを食べながら生長していきます。
 中に糞の塊が見えましたが、幼虫の姿はわかりません。すでに抜け出したのかも。
1img_43791

 
●2個目の巣:
 すぐ隣の茎先にありました。22

 
●余計なことですが開いて見たら、もうかなり生長した幼虫がいました。
 鳥に見つかって食べられないうちに元通りに補修すると思います。3img_4380

Img_4381ct

 
●産卵:
 近くに飛んでいたヒメアカタテハが草むらのヨモギに止まりました。
 多分産卵なのでしょう。
 邪魔しないで立ち去りました。
 卵は確認できませんが、ゴマダラチョウなどと同じような外観らしいです。Img_4395

|

« アカボシゴマダラの産卵 | トップページ | 変形菌「マメホコリ」の仲間(2014/夏) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカボシゴマダラの産卵 | トップページ | 変形菌「マメホコリ」の仲間(2014/夏) »