« ハグロトンボの交尾 | トップページ | トンボ、留まる時に前脚を格納したり、しなかったり »

2014年8月20日 (水)

シオカラトンボ交尾/産卵 ;シマツユクサ

 早稲種の田圃の稲刈りがはじまったお盆明けの池の端では、ウチワヤンマなどの姿が減り、シオカラトンボが一番多く見られるようになっていました。

●シオカラトンボ交尾/産卵:
 多数のシオカラトンボ♂がめまぐるしく飛び交う中に飛んできた♀。
 ♂は素早く腹部先端の「尾部付属器」という”はさみ”を使って♀の首をつかんで連結します。 
 首根っこをつかまれて連結した♀は飛びながら腹部を折り曲げるように丸めて、腹端の生殖門を♂の腹の根元にある副生殖器に結合させて交尾します。
 この時の姿勢はハート型ではなく、雫(しずく)型でした。Img_4505

 
 交尾したまま飛びながら、回りに邪魔者がいない産卵に適した水辺の近くの草に止まってから交尾を解き、♀は、ホバリングしながら水面を腹端で叩くようにして”打水産卵”をはじめました。Img_4508

 この間、♂は他のオスが邪魔に来ないように見張りをしています。

 
●シマツユクサ:
 ついでに、,毎シーズン池の端の草むらに生えるシマツユクサを確認してきました。
 除草されたり水没したりして不安定な生育環境ながらも、絶えることなく花をつけていました。
 ただ勢いよく繁殖している在来種のツユクサに比べるとずっと少ない個体数です。

※ツユクサ:R0081958t

 
※シマツユクサ:R0081967

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
p.s.:  残念なことですが、いずこも同じ災害列島日本です。まず身の安全を。

|

« ハグロトンボの交尾 | トップページ | トンボ、留まる時に前脚を格納したり、しなかったり »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハグロトンボの交尾 | トップページ | トンボ、留まる時に前脚を格納したり、しなかったり »