« 水田に生えていたミゾカクシ、ウリカワ、セリその他 | トップページ | シオカラトンボ交尾/産卵 ;シマツユクサ »

2014年8月19日 (火)

ハグロトンボの交尾

 村社の脇を流れる清流にハグロトンボが飛び交っていました。
 腹部が金緑色に輝く♂が縄張りを持っていて、♀が近くにやってくるのを待っています。Img_4440ct_2

 
 ♀は黒い翅に、腹部もアンサンブルのシックな黒褐色。
 ♂の近くにやって来て留まると、ゆっくりと翅を開閉しています。Img_4442c

Img_4443t

 
 目ざとく見つけた♂がやって来てタンデム。
 やはりきれいなハート型になっています。Img_4449ct

Img_4454ct

 交尾後、(タンデムを解いて)♀は単独で水面近くの水中植物の組織内に産卵します。

 かつてはどこでもごく普通に見られたものですが、近年は、水質汚濁や河川、水路改修などに伴う生息環境変化などのため、生息個体数は減少しているようです。

|

« 水田に生えていたミゾカクシ、ウリカワ、セリその他 | トップページ | シオカラトンボ交尾/産卵 ;シマツユクサ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ハグロトンボは、昆虫学の専門家の間では「用水路のシンボル」と呼称されているそうです。その用水路生息環境も様変わりしてきて住みづらくなっているようですが、そこは“神様のトンボ”たくましく適応しているようです。

投稿: クロメダカ | 2014年8月21日 (木) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 水田に生えていたミゾカクシ、ウリカワ、セリその他 | トップページ | シオカラトンボ交尾/産卵 ;シマツユクサ »