« ダイサギとチュウサギ | トップページ | 初秋に咲いている雑草の花など③アメリカキンゴジカ、ヒレタゴボウその他 »

2014年9月27日 (土)

初秋に咲いている雑草の花など②シマツユクサ、ハナイバナ、ザクロソウ、その他

 身近なフィールドに、秋の雑草がそれぞれの花をつけています。
 ついでに撮ったものが溜まってきたので、ゴミ箱に行く前の記事、の続きです。

 
●シマツユクサ(ツユクサ科):
 日本の九州以南や琉球列島に分布する1年草で、本来は分布域ではない当地でも、シマツユクサが、限られた範囲の草地で毎年観察できるようになっています。
 この秋、偶然に、定着している草原の近くの畦道で、雑草に交じって一株花が咲いているのを見つけました。
 物理的には隔絶したところで、どうやって移動したのでしょう。
 当地での開花期は7~9月頃。1

 
●ツユクサ(ツユクサ科ツユクサ属):
 田圃脇や水路脇の湿地に群生しています。まれにシロバナも見つかります。
 除草剤をあびたところでは、そのあおりで”シロバナまがい”になった花も隣り合って咲いています。
 花は半日でしぼみます。花期は6~10月。2p9202314

 
●イボクサ(ツユクサ科イボクサ属):
 イネの収穫まえ頃から、水田の畦際や泥の溜まった水路などの湿地に繁殖している1年草です。
 ツユクサの仲間で、開花は午前中で、午後には閉じています。
 花は淡紅紫色の3弁花ですが、稀に4弁花もあります。茎の先や葉腋に単生します。
 花期は9~10月。3

 
●ハナイバナ(ムラサキ科ハナイバナ属):
 畑や道端などに生える1~越年草。花は直径3mmほどの小さな淡青紫色で、花冠は5裂しています。花期は長くて3~12月。
 小さな花に、小さなキタヒメヒラタアブ(またはミナミヒメヒラタアブ)♂が来ていました。4

 
●ザクロソウ(ザクロソウ科ザクロソウ属):
 畑地や道ばたに生える1年草。草丈は高さ10程度。
 葉の付け根から、細い柄を伸ばし、その先の集散花序に直径約3mmの小さな白~黄緑色の花をつけます。花期は8~10月。5

 
●キツネノマゴ(キツネノマゴ科キツネノマゴ属):
 野原や道端に生える1年草。小さな花をつけますが拡大して見るとなかなかのものです。
 花期は8~10月。
 なお、白い花をつけるものもあるそうですが、まだお目にかかったことはありません。6

 
●ツルマメ(マメ科ダイズ属):
 野原や道ばたなどに生えるつる性1年草で、草地の雑草に絡んで繁茂していました。
 葉腋から出た総状花序に長さ5~8mmの淡紅紫色の蝶形花を3~4個つけます。
 花後豆果が出来ます。鞘には2~3個の種子が入っています。花期は8~9月。7

R0082255

                (続く)

|

« ダイサギとチュウサギ | トップページ | 初秋に咲いている雑草の花など③アメリカキンゴジカ、ヒレタゴボウその他 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダイサギとチュウサギ | トップページ | 初秋に咲いている雑草の花など③アメリカキンゴジカ、ヒレタゴボウその他 »