« 中秋の名月 | トップページ | ミズオオバコ/(絶滅危惧種)、ウリカワ »

2014年9月13日 (土)

「五十鈴玉」(多肉植物メセンの仲間)

 しばらく不安定な天気が続いていましたが昨日から日中晴れて、明日まで日中は雨の心配はなく晴れという予報です。
 久しぶりに近くの大型ホームセンターを覗いてきました。
 3連休の初日ということもあってペットコーナーも花卉園芸コーナーも賑わっていました。

 多肉植物コーナーではおなじみのサボテンをはじめ多数の多肉植物が並んでいます。
 そして、これまで、何度となく買っては枯らしている“メセンの仲間”(多肉植物のハマミズナ科植物全体が「メセン類」や「メセンの仲間」と呼ばれています)で、フェネストラリア属の[ 五十鈴玉 ]という小鉢に、直径3cmほどの白い花が1輪開いているのが目にとまり、性懲りもなく衝動買いをしてきました。
 育て方は、寒さには比較的強く、暑さや強光に弱いという性質をわきまえて、6~8月は断水ぎみで強光下には置かず、9~5月ぐらいは月に2度ほど灌水するという、基本的な管理は、現在”飼って“いるロゼット形で春秋生育型の多肉植物ハオルチ・アオブツーサによく似ていています。
 花は夕刻には閉じて、翌日,光が当たると開きます。
 同居させておけば、来年も花が咲かせられるでしょうか。

●五十鈴玉(フェネストラリア):
 株は大きくなりますが、個々の植物体の高さは5cm程度で大きくなりません。R0082158

|

« 中秋の名月 | トップページ | ミズオオバコ/(絶滅危惧種)、ウリカワ »

植物」カテゴリの記事

コメント

 kinさんもご苦労されましたか。実はメセンの仲間のリトープスやコノフィツムも先日、売り場に並んでいましたが、枯らすのはもはや必定で、手出ししませんでした。
 なんといっても植物体より大きなきれいな花を咲かせるのが魅力ですね。
 観葉植物も、文字通り、人様のもの見せて頂くだけです。よろしくお願いしますね。

投稿: クロメダカ | 2014年9月17日 (水) 23時17分

メセン。リトープスやコノフィツムがこの類でしょうか。
何度も挑戦しましたがこれは難しいです。ことごとく失敗しました。多肉植物は意外と難しいところがあいますね。かえって何もせずに外にほって置いた方が大きくなったり色もよくなりますね。環境の厳しいところにあるせいかもしれません。今は観葉植物のテラリウムやセダムやガステリア、ユーフォルビアなどに挑戦してます。また出来たら報告しますね ^ ^

投稿: kin | 2014年9月17日 (水) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中秋の名月 | トップページ | ミズオオバコ/(絶滅危惧種)、ウリカワ »