« 秋の香り/風情が漂って | トップページ | 稲刈りの田圃に集まるサギ仲間 »

2014年9月22日 (月)

初秋に咲いている雑草の花など①アサガオ類やハギその他

 ささやかな運動がてら、降らなければ出かける身近なフィールドに、秋の雑草がそれぞれの花をつけています。
 もう毎年のことで見飽きるほど目にするもので、特別の関心はありませんが、ついでに撮ったものが溜まってきたので、ゴミ箱に行く前に掲載。

●ノアサガオ(ヒルガオ科サツマイモ属):。 
 頑健なつる性多年草で、茎は旺盛に伸びて10数mに達します。除草作業をする方は本当に苦労されています。
 花は直径6cmほどの小ぶりで、紫色の中心部は白くなります。
 開花期間は長く、6月~霜が降りる11月まで咲き続けています。今頃が一番きれいでしょうか。
 種子は探すと稀に見つかりますが、ほとんど出来ません。Img_5161

 
●マメアサガオ(ヒルガオ科サツマイモ属):
 北アメリカ原産つる性1年草の帰化植物。
 直径1.5cmほどで白色の花を1~2個つけます。薄紫色の花もあるようですが、当地では見かけません。
 葯は赤紫色。花期は7~10月。R0082073

 
●マルバアメリカアサガオ(ヒルガオ科サツマイモ属):
 熱帯アメリカ原産つる性1年草の帰化植物。全体に短毛があってざらつきます。葉は心臓形です。
 直径3cmほどの淡青色のロート形の花をつけます。
 萼は線形に5深裂し、すぐ下に苞葉が1対あり、萼片は果時に著しく反り返るのが特徴です。
 花期は8~10月。Photo

 
●ルコウソウ(ヒルガオ科サツマイモ属):
 熱帯アメリカ原産つる性1年草の帰化植物。
 茎はよく分岐して他物に巻き付き、長さ数mにも延びます。
 葉は中肋まで線状に深裂した長楕円形で、ほとんど無柄で互生しています。
 葉腋に花序を出し、直径3cmほどの星形の深紅色の花を1~2個つけます。
 花期は8~10月
 (なお花がよく似ていますが葉が裂けずハート形のマルバルコウがありますが、既に除草作業で刈り取られていました。
 丈夫なので、今から“復活”して花が見られるようになるかも知れません。)Photo_2

 
マルバハギ(マメ科ハギ属):→ヤマハギ*の間違いでした。
 秋の七草」のひとつです。
 落葉低木で、草本のような性質もあります。
 初秋から葉腋に長さ1.5cmほどになる紅紫色の蝶型花を塊のように多くつけます。
 名前とおり、小葉は円形に近い楕円形で三出複葉です。
 *ヤマハギ(マメ科ハギ属の落葉低木、花期7~9月、果期10月)は、葉柄の短い葉(三出複葉)の腋から長い花軸を出して総状に花をつける。

 なお、遠目には似ているマルバハギ(マメ科ハギ属の落葉低木、花期8~9月、果期10~11月) は、葉柄の短い葉(三出複葉)の腋に短く詰まった花序をつけるので、近くで観察すれば区別できます。P9202313

 
●アレチヌスビトハギ(マメ科ヌスビトハギ属):
 北米原産の帰化植物1年草。
 花は長さ6~9mmで、旗弁の基部に黄緑色の2つの斑がある紅紫色の花をつけるので、容易に多種と区別できます。何となく”頬被りした泥棒の顔”のようにも見えます。
 扁平な果実は3~6節に分かれ、表面にはカギ状に曲がった毛が密生していて“強力なひっつき虫”となり、衣服につくとなかなか取れなくて泣きたくなるほどです。
 花期は7~9月。Photo_3

 
●アキノノゲシ:
 葉に切れ込みのあるものと、切れ込みのない細い葉を持つものがあり、こちらはホソバアキノノゲシとして別に記載されることもあります。
 たいてい両者は同じ環境にとなりあって生えています。
 また株によってはどちらともつかない(茎の上の方は切れ込みのない細身の葉で、下の方は幅広で切れ込みがある葉になっていたりして、素人にはどちらとも分からない株も見かけます。
 花期は8~11月。R0082066_2

 
●ミズワラビ(シダ植物門ホウライシダ科に属するシダですが、分類によってはミズワラビ科):
 シダ植物で花は咲きません。
 近郊の水田地帯では比較的よく見かけられる一年草。秋に胞子をつけて繁殖します。
 かつては食用にされたと聞きましたが、現在、一般的には除草剤や生育環境の変化のためか、他の多くの水田雑草と共に姿を消した地域が多いようです。
 シダとしては珍しい水草で、水中でも容易に育つため、アクアリウム愛好家の間では人気の水草、”ウォータースプライト”と呼ばれて流通しているようです。Img_5343

                 (続く)

|

« 秋の香り/風情が漂って | トップページ | 稲刈りの田圃に集まるサギ仲間 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の香り/風情が漂って | トップページ | 稲刈りの田圃に集まるサギ仲間 »