« ルリクチブトカメムシ | トップページ | ハナムグリ幼虫の背面歩行 »

2014年10月13日 (月)

秋のフィールドで(フジバカマ、ムラサキシキブ、シュウメイギクその他)

 テレビをつけると台風19号関連ニュースばかり。当地は今夜遅くから未明にかけて風雨のピークになりそう。
 油断の無いように。各地で被害の未然防止を、そして被災は最小限に、と願うばかり。

●フジバカマ:
 畑に植えられたフジバカマの大株でした。園芸種かも知れません。
 アオスジアゲハ、そして、きれいな色で翅の切れ込みも鋭い秋型のキタテハが吸蜜に来ていました。R0082354

R0082359

R0082356R0082360R0082357

 ※キタテハ(秋型):Photo_2

 
●刈残されたセイタカアワダチソウが再び勢いを増して黄色い花をつけています。
 モンシロチョウなどが群れていました。R0082380

 
●草地ではツマグロヒョウモン♂がウロウロ。Img_5743

 
 自然林の林縁で見かけた木の実など。

●ガマズミ:
 赤い実がきれい。R0082174

 
●ムラサキシキブ:
 以前は自宅にもありましたが枯れてしまいました。R0082175

 
●ワレモコウ:
 今ひとつ、でした。R0082173

 
●メドハギ:
 道路脇に生えている迷惑雑草ですが・・・Photo

 
●シュウメイギク:
 なぜだか例年より元気で、続く台風にもめげずにたくさんの花を開いています。
 白い花に見えるのは花弁ではなく萼片です。
 よく見ると枚数は5~7枚あり、その大きさも形状にも”揺らぎ”があって、このことが”茶花”としての形にとらわれない自由で、しかも”侘び”の雰囲気を醸し出しているのでしょうか。Pa032408_2

R0082302

|

« ルリクチブトカメムシ | トップページ | ハナムグリ幼虫の背面歩行 »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ルリクチブトカメムシ | トップページ | ハナムグリ幼虫の背面歩行 »