« カワウとダイサギ | トップページ | ダイサギとアオサギ①用水路で »

2014年11月18日 (火)

ハナアブの仲間、スズメガの仲間の蛹

 晴れても北寄りの風が冷たい一日でした。
 毎日少しずつ、ささやかな庭の片付けをしていると、アブラゼミの抜け殻が落ちてきたりて、時の移ろいの慌ただしさを感じます。

 バラの剪定冬越し準備などをしている時、ハナアブが1匹やって来ました。
 咲き残りのホトトギスとサザンカの花しかありませんので、あいにくだったようで、すぐに飛び去っていきました。

●ハナアブの仲間:
 写真の写りが悪くて判然としませんが、シマハナアブ ナミハナアブかも知れません。
シマハナアブ:大きさ(体長)12mmほど、出現時期は4~12月)R0083243

R0083244

 
●スズメガの仲間の蛹:
 雑草溜まりになっているプランターや鉢を大々的に処分して片付けたところ、物陰になっていたコンクリート床上に直接、蛹がころんと転がっているのを見つけました。
 触ると元気よく動きます。
 この時期、雑草を堀取っている時に、浅い土の中に潜って蛹になっているのを掘り起こすことはありますが、コンクリート床の上に転がっているのは初めて見ました。
 そのまま放置です。R0083245

R0083246

R0083247

 ここままだと無事ではないと思いますが・・・

なお、ベニスズメ幼虫などのスズメガの仲間は毎年我がでも見かけます。

|

« カワウとダイサギ | トップページ | ダイサギとアオサギ①用水路で »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

 コメントありがとうございます。植木の消毒・殺虫剤を散布しなくなってから,”各種”害虫が確実に増えました。未だに、剪定した枝の葉裏に黒いケムシがいたり,物陰の雑草にも同じケムシが潜んでいたり、他にも目に見えないところで冬越し準備をしている輩がいますね。

投稿: クロメダカ | 2014年11月18日 (火) 23時40分

happy01いつも楽しく拝見させていただいております。
今日の蛹も面白い発見ですね。コンクリートの上にコロンですか(*^_^*)
我が家のクロメンガタスズメの幼虫もいつの間にか一匹のみ。早く蛹になって欲しいのですが、おそらく、このようにその辺で蛹になりそうな気がしますね。
寒くなりましたがこれからも楽しい発見を楽しみにしております。

投稿: 五浦 | 2014年11月18日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カワウとダイサギ | トップページ | ダイサギとアオサギ①用水路で »