« 晩秋のチョウ(2014) | トップページ | シロザの紅葉 »

2014年11月 5日 (水)

モズのはやにえ/旧暦うるう9月の十三夜

 池の端。晩秋の青空に突き刺さるように3m近く伸びた枯れヨシ叢。
 ふと見上げると茎の途中に何やら刺さっているものが。R0083158

R0083156

R0083157

 池に住んでいるトウキョウダルマガエルの干物でした。

 
 この早贄を作ったのは、あたりを縄張りにしているこのお方。Img_7000ct

 理由無きいたずら、なのかどうか。

..................................................................................................................

追記(p.m.23:45):
 本日2014年11月05日は、1843年(天保4年)にあった「うるう9月」以来、実に171年ぶりの「うるう9月」の十三夜です。
 要するに本日は、旧暦「うるう9月」の2度目の十三夜。
午前中は晴れていましたが正午から曇りに、そして日没後は全天厚い雲に被われてしまい、ほんの時折、月があるあたりがぼんやり白っぽく見える程度。
 そして午後九時半過ぎ、時々リビングから眺めていた曇天にわずかに雲の薄いところが見え、急いで外に出て見上げた十数秒間、雲を通して白い月が見えたのでした。
 結局その時の名月/迷月写真だけに終わってしまいました。Img_701513

|

« 晩秋のチョウ(2014) | トップページ | シロザの紅葉 »

動物」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

 kinさん、琵琶湖には行ったことがありません。昔のことですが、所用で長浜まで行った時に、確か琵琶湖の水質汚染が問題になっていた頃でしたが、ちらっと立ち寄ったことがあるだけです。
 モズは今頃、木の枝や電線など高いところに止まってキーキーと大きな声を張り上げているので、すぐに所在が分かります。今回の獲物は枯れヨシの茎の間に挟まれていましたが、山椒やみかんの木のトゲなど、尖ったものに刺していることが多いようです。庭の山椒のトゲにカナヘビが刺されているのを見かけたこともあり、さほど珍しくはありませんね。

投稿: クロメダカ | 2014年11月 5日 (水) 22時18分

クロメダカさん

モズのはやにえ、聞いたことあるのですがまだ見たことがありません。鳥自体が判らないので仕方ありませんが。琵琶湖はそう遠くないので枯れヨシの多い所にいけば見ることが出来そうですが、鳥オンチに分るかどうか。琵琶湖は水鳥も多くてバードウォッチャーの方も多いそうです。クロメダカさんは琵琶湖、おみえになったことありますか?

投稿: kin | 2014年11月 5日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩秋のチョウ(2014) | トップページ | シロザの紅葉 »