« ナミハナアブ | トップページ | ”チリモン”の今昔 »

2014年12月16日 (火)

アオスジアゲハ蛹(2014/12)

 広大な原っぱにある施設内壁の上方に、きれいな黄緑色の蛹がくっついているのを偶然見つけました。
 見上げる位置にあって、このアングルでしか撮れなかったので、画像は1枚だけです。 
 写真を見ると、蛹は頭部を上にして、お尻を糸座にくっつけ胸部を帯糸でしっかりとくくり、体を支えています。R0083632ct

 
 フィールドで普通に見られるアオスジアゲハ(の蛹)のようです。
 このまま無事に越冬して、春には綺麗なアオスジアゲハが羽化するでしょうか。

 通常、アオスジアゲハの幼虫は、食葉樹であるクスノキ科植物(クスノキ、タブノキ、シロダモなど)の葉の裏側にくっついて蛹になり、蛹の外観は経時的にクスノキの葉にそっくりになりり、外敵の目からカムフラージュするそうです。
 この蛹はまだ葉脈模様などはっきりしませんが、それらしい模様は見て取れます。

 
 施設のすぐ傍には数本のクスノキが植樹されています。R0083639

 そこで育った幼虫が、クスノキの葉裏で蛹にならないで、地面を這って、すぐ近くの、風雨に曝される心配のない施設建屋の内壁を選んだのでしょう。
 あらためて、傍のクスノキの葉と蛹をみくらべて見ましたが、“葉裏”に似ているでしょうか。R0083640

 

|

« ナミハナアブ | トップページ | ”チリモン”の今昔 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ナミハナアブ | トップページ | ”チリモン”の今昔 »