« 最後のフタモンアシナガバチ♂(2014/12) | トップページ | ジグモの巣(管状住居) »

2014年12月10日 (水)

コウヤボウキ・冠毛の種

 種から芽生えて育ったコウヤボウキが、今シーズンはじめて多くの花を付けました。(再掲)Photo

 
 そして今は種がいっぱい出来ています。
 まだ綿毛(冠毛)が開いて風に乗って飛んでいくまでにはなっていませんが、綿毛が開きかけたものを指先でつまむと、茶色になって平開した総苞から、簡単にすっぽり抜け落ちます。1r0083442

R0083437

R0083438t_2

 
 タンポポの冠毛の種に較べると、見た目はいかにも重そうで、あまり軽やかに舞うという風には思えません。
 種にもびっしりと毛がついていますので、案外この毛でひっつき虫として付着し、運ばれることもあるのでしょうか.。R0083552

R0083440_2

 
 里山などでは冬から春先になっても、綿毛の種が飛んで無くなった後に、平開した総苞が、茶色の花のように残っているのをよく見かけます。R0083441_2

 それはともかく、このまま放置して、これから吹きすさぶ強風に曝されると、飛び散っていくかも知れません。
 飛散する前に切り取り処分しようと思っています。

|

« 最後のフタモンアシナガバチ♂(2014/12) | トップページ | ジグモの巣(管状住居) »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後のフタモンアシナガバチ♂(2014/12) | トップページ | ジグモの巣(管状住居) »