« アオスジアゲハ蛹(2014/12) | トップページ | 寒風下、田舎のスズメ、カラス、ヒバリ;そしてツグミ(冬鳥) »

2014年12月17日 (水)

”チリモン”の今昔

 先日、行きつけの食品スーパーで家人が買ってきた食材の中に「しらす」のパックがありました。
 商品表示ラベルのほかに、もう1枚、「このしらすは、小エビや小ガニなども混入する漁法で獲ったものです。」と書かれたラベルが貼付してありました。
 ただそれだけのことですが、美味しくいただきました。

 その際、以前に「チリモン」というものが珍しくて、わざわざ購入したことがあったのを思いだして、暇ついでに「しらす」のパックをしげしげとのぞいてみました。
 小エビやカニ(残骸らしきものも含めて)など、きわめてわずかしか見当たりませんでした。
 見つかった全てです。R0083637ct

 
 トリミング拡大表示R0083636

R0083637ctt

R0083637ctt2

 時代の経過と共に商品価値、食品の安全/衛生上の規制、その他色々な考え方や事情があって、混入は極小にするよう商品化が進められてきたのでしょうね。

|

« アオスジアゲハ蛹(2014/12) | トップページ | 寒風下、田舎のスズメ、カラス、ヒバリ;そしてツグミ(冬鳥) »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アオスジアゲハ蛹(2014/12) | トップページ | 寒風下、田舎のスズメ、カラス、ヒバリ;そしてツグミ(冬鳥) »