« 寒風下、田舎のスズメ、カラス、ヒバリ;そしてツグミ(冬鳥) | トップページ | アオモンツノカメムシ »

2014年12月19日 (金)

セッカ、ハクセキレイ(冬羽)

 今日、午前中はまだ風が残りましたが昼前には止んで、暖かさを感じられる1日に。
 何となくほっとしたことでした。

●セッカ(ウグイス科)(留鳥/漂鳥):
 先日、少々遠かったものの、通りかかりに枯れヨシの先に止まった小さな鳥を撮っていましたが、セッカと分かりました。Img_8064_2

Img_8064_1

Img_8064_4

Img_8064_5

 繁殖期には縄張りの上空を飛び続けて、なかなか撮れないセッカです。
 大きさ12~13cmほどで、スズメ(14~15cm)より小さく、体の上面は黄褐色で、白い眉斑が目立ちます。
 その小さな体に似合わず(雄は)大きな声で、ヒッヒッヒッと鳴きながら上昇し、ジャッジャッと鳴きながら下降する“さえずり飛翔”を繰り返していて、ごく普通に見かけます。
 しかし冬には囀りもせず、地味で目立たない小さい体で、これまで冬に気がついたことはありませんでした。
 本州中部以南にすむ留鳥で、中部以北ものは秋・冬になると南部に移動する漂鳥です。

 
●ハクセキレイ:
 田圃や草原にいつでもウロウロしているのは、背中や頭の辺りが薄いグレー色の冬羽になったハクセキレイです。Img_8120ct

|

« 寒風下、田舎のスズメ、カラス、ヒバリ;そしてツグミ(冬鳥) | トップページ | アオモンツノカメムシ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寒風下、田舎のスズメ、カラス、ヒバリ;そしてツグミ(冬鳥) | トップページ | アオモンツノカメムシ »