« クワコの繭(抜け殻)、オオカマキリの卵鞘/(卵嚢) | トップページ | 冬のメジロ、コゲラ »

2015年2月 9日 (月)

餌探しに懸命の冬のカラスなど

 フィールドでは、当県で餓死の報道もあったこの冬を乗り切るために懸命のカラスやムクドリの群れなどの姿が見られます。
 もう少しの辛抱、がんばりが必要でしょう。

●先にも記録していますので繰り返し記事になりますが、この冬は公園でよく見かける、地面のドングリを拾い漁るカラスの姿です。
 腹を空かせた野良猫もたむろしているので、落ち着かない様子ではありますが、ひもじさには勝てないようです。Img_9614t

Img_9615t

 
 手持ち撮影で揺れる、どうかと思う動画(^-^; ですが。(18秒)。

 
●田起こし中の田圃で。
 寒中の田起こしが行われている田圃では、やはり掘り起こされたばかりの土中から這い出してくるいろいろな生き物を目当てに、カラス、ムクドリ、ツグミ、そして一番多いセキレイなどが、トラクターの直後につきまとっています。
 つかず離れず辺りを見回し、みんな大変のようです。
 (どうでも良いですが、黄色○:カラス、橙色○:ムクドリ、水色○:ツグミ、白色○:セキレイです。)
 (画像はクリックで拡大します。)Img_9468t

Img_9474tt 

 余談ながら、イネの刈取り時にコンバインにつきまとうチュウサギの姿を思い浮かべます。

 
●田圃に集合したムクドリの群れ。
 群がっていたところには、餌になるような何かが入っていたらしい破れた紙袋が落ちていました。Img_9280ct

 
●ヒヨドリの狼藉。
 庭にやってくるスズメのための餌台においたミカンや粟粒は、もっぱらヒヨドリに食べられてしまいます。
 ・翌日にはミカンの皮だけ残っています。皮は食べないようです。R0084069

 
 ・ツバキは開きはじめた途端に花びらを囓られてしまいます。R0084066

 
 ・玄関先の鉢植えの花は気がついた時には、すっかり食べられていました。仕方ないです・・・Photo

 
 ・公園のエンジュの果実もすっかり食べられて、黒変して痛みがひどくて食べられなかったものだけが残っています。Photo_2

|

« クワコの繭(抜け殻)、オオカマキリの卵鞘/(卵嚢) | トップページ | 冬のメジロ、コゲラ »

」カテゴリの記事

コメント

 毎日寒いですね。
 今回のカラスの”取材”の帰り道、ちょうどカラスがいた公園の川沿い裏道で、元気な爺さん婆さのウオーキングコースになっているのですが、何とカラスが1羽、”落ちて”いるのを目撃しました。
 見たところ翅や体に目立った傷などないので野良猫に襲われたとは考えにくく、餓死だったのかと思ったものでした。
 庭にやってくるヒヨドリと、我が物顔にやりたい放題の狼藉を働く野良猫にも困っています。”猫の額”ほどの庭ですからね。

投稿: クロメダカ | 2015年2月 9日 (月) 22時21分

この時期、鳥たちは必死なんですねぇ。
トラクターの後をこんなにたくさんの鳥が追いかけている姿には驚きました。
それからジュリアン?の花は我が家と同じでビックリ。植えて数日で黄色い花が全滅でした。ヒヨドリでしたか、犯人は。pig ヨウトウガのような幼虫かとも思っていたのですがcoldsweats01
いつも楽しい話題をありがとうございます(*^_^*)

投稿: 茨城県は五浦から | 2015年2月 9日 (月) 17時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クワコの繭(抜け殻)、オオカマキリの卵鞘/(卵嚢) | トップページ | 冬のメジロ、コゲラ »