« 当ブログ『冬芽と葉痕・維管束痕』画像を含む関連記事URL一覧 | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕:ヌルデ/ハゼノキ/イチジク/アキニレ/サクラ »

2015年2月11日 (水)

トチノキ冬芽と葉痕・維管束痕/ 付記:これまで記載の冬芽関連記事タイトル一覧

※おだやかな冬日には、ポケットに虫眼鏡を忍ばせて、里山の雑木林や街中の公園林などで、葉を落とした樹木の枝を覗いてみると、ときに動物や人の顔などを連想させる「冬芽と葉痕・維管束痕」から構成された「小さな造形」を発見することができます。
 枯れ野の広がるフィールドには、ややもすれば出かけるのがおっくうになりますが、観察には好適の時節です。
 もっとも公園などでは、一人で木の枝を覗きこんでいたりすると、何をしているのかと声をかけられたり、不審者と怪しまれている視線を感じたりすることもありますが・・・

 ・冬芽:晩夏から秋にかけて生じ、冬は休眠状態で越して春に生長する芽。
 ・葉痕:葉が枯れ落ちた後に残る痕。
 ・維管束痕:葉痕の中に見える維管束(葉や葉柄で、水分や養分の通路になっている管の集まり)の断面。

 
 今シーズンも散策時に目にした『冬芽と葉痕/維管束痕』の画像で、未掲載で残っているものを4回にわけて連載します。

※なお、これまで懲りもせず、毎シーズン記録した記事の羅列があります。
 それら冬芽と葉痕/維管束痕を含む関連記事のタイトル/URL一覧を別ページに掲載しました。
 当然のように繰り返しが多く、ご覧頂いても時間の無駄になりそうな代物ですのでご留意を。

___________________________

 
●トチノキ(トチノキ科トチノキ属):
 ・冬芽は大きさ10mmほどで赤褐色、砲弾形で無毛。
 ・葉痕はハート形~三角形。
 ・維管束痕は5~9個。Img_8378_1t

Img_8378_2t

Img_8378_4t

Img_8378_5tt

Img_8378_6ct

              =次のページ続2へ=

|

« 当ブログ『冬芽と葉痕・維管束痕』画像を含む関連記事URL一覧 | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕:ヌルデ/ハゼノキ/イチジク/アキニレ/サクラ »

植物」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 当ブログ『冬芽と葉痕・維管束痕』画像を含む関連記事URL一覧 | トップページ | 冬芽と葉痕・維管束痕:ヌルデ/ハゼノキ/イチジク/アキニレ/サクラ »