« 冬芽と葉痕・維管束痕:モミジバフウ/ヤマグワ/コブシ/オニグルミ | トップページ | マヤ文明とメキシコ7つの世界遺産を訪ねる旅(2015/2):その① »

2015年2月14日 (土)

冬芽と葉痕・維管束痕:クサギ/センダン/フジ/ネジキ

◎お知らせ:
 

 2/15~2/24まで、ブログは休みました。
 

_________________________

 (続4)冬芽と葉痕・維管束痕

クサギ(クマツヅラ科クサギ属):
 ・冬芽(頂芽)は水滴形。裸芽で暗赤紫色の毛が密生。
 ・葉痕は半円形~ハート形で隆起。
 ・維管束痕は7~9個がU字形に並ぶ。Photo

 
センダン(センダン科センダン属):
 ・冬芽はややつぶれた球形で星状毛が密生。
 ・葉痕は大きなT字形で隆起。
 ・維管束痕3個。葉痕と合わせて動物の顔に見える。Photo_2

 
フジ(マメ科ヒジ属):
 ・冬芽の基部は両横に膨らむ。
 ・葉痕は楕円形。
 ・維管束痕はやや不明瞭な5個。葉痕と合わせて顔にも見える。Photo_3

 
●ネジキ(ツツジ科ネジキ属):
 ・一年枝の細い枝は赤色で艶があってきれい。
 ・冬芽は水滴形で赤色の艶のある2枚の芽鱗に包まれる。
 ・葉痕は半円形。
 ・維管束痕は弧状の1個。Photo_4

※参考図書:冬芽ハンドブック
    (広澤 毅/林 将之 文一総合出版2011年11月20日初版)

                   (完)

|

« 冬芽と葉痕・維管束痕:モミジバフウ/ヤマグワ/コブシ/オニグルミ | トップページ | マヤ文明とメキシコ7つの世界遺産を訪ねる旅(2015/2):その① »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬芽と葉痕・維管束痕:モミジバフウ/ヤマグワ/コブシ/オニグルミ | トップページ | マヤ文明とメキシコ7つの世界遺産を訪ねる旅(2015/2):その① »