« 暑かった春の日暮れ時 | トップページ | ヒサカキ満開、キノコヨトウ若齢幼虫、シワタケの仲間2015/3) »

2015年3月19日 (木)

ホトケノザにセイヨウミツバチ、白化したオオイヌノフグリ

 「アラブの春」、”時は春~、全て世は事もなし”、とならないのは残念なことです。

 田圃道の小さな世界では、
 ホトケノザがピンクの絨毯を敷いたように春日の当たる南斜面を覆い、招待客のセイヨウミツバチが花粉/蜜を集めていました。R0084549

R0084548_2

Photo

Photo_2

Photo_3

 
 オオイヌノフグリも負けじと地面を青色に飾っていました。Photo_4

 
 たまたま、片隅に農薬(除草剤や農薬など化学物質)の影響を受けたものらしい、白化した花をつけた1株がありました。Photo_5

 この程度なら、「こともなし」でしょうか。

|

« 暑かった春の日暮れ時 | トップページ | ヒサカキ満開、キノコヨトウ若齢幼虫、シワタケの仲間2015/3) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑かった春の日暮れ時 | トップページ | ヒサカキ満開、キノコヨトウ若齢幼虫、シワタケの仲間2015/3) »