« ホトケノザにセイヨウミツバチ、白化したオオイヌノフグリ | トップページ | タネツケバナとミチタネツケバナ(2015/3) »

2015年3月20日 (金)

ヒサカキ満開、キノコヨトウ若齢幼虫、シワタケの仲間2015/3)

 先日(3月16日)、まだ人気のない公園で

●ヒサカキ満開に: 
 花粉症でバカになった鼻にはあまりにおいませんが、ヒサカキが満開になっていました。R0084468

R0084472t

R0084470t

 余談ながらソメイヨシノ並木の蕾はまだ硬いままでした。

 
●キノコヨトウ若齢幼虫: 
 ケヤキ並木の幹に地衣類がはびこった大木で、浮き上がった樹皮の隙間に潜り込んで越冬していたキノコヨトウ若齢幼虫です。
 大きさ1cmほどの小さいものです。R0084477_1

R0084477_2ct

 樹勢が弱まってきた大木の樹皮表面には、地衣類がはびこって点々とついていますので、地衣類を食べる本種にとっては餌には困らない“居住環境”です。 
 5月半ば頃には終齢幼虫になり、蛹を経て夏(7~8月)に羽化して成虫になります。
 前翅はオリーブ色~褐色の小型のガのようです。

 
●シワタケの仲間: 
 公園植樹も樹種によっては立ち枯れて伐採される木もだんだん増えて来ました。
 その様な枯れ木には、シワタケの仲間がしっかりとくい込むように着生しています。R0084474

R0084473

 硬く丈夫な膠質~皮革質で、簡単にはちぎれたり剥がれたりしません。

|

« ホトケノザにセイヨウミツバチ、白化したオオイヌノフグリ | トップページ | タネツケバナとミチタネツケバナ(2015/3) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホトケノザにセイヨウミツバチ、白化したオオイヌノフグリ | トップページ | タネツケバナとミチタネツケバナ(2015/3) »