« 進む季節に春の雪(2015/4) | トップページ | カツラの雄花と雌花、エノキの雄花と両生花 »

2015年4月12日 (日)

ぴかぴかの鯉のぼり(2015/4)

 数日曇りや雨のぐずついた天気でしたが、今日は午前中、まあまあの晴れになりました。
 ”選挙用”にという神様の思し召しだったのか、神様はその様なニンゲンの”世俗”の物事には一切関わりなさらないのでしょうか。(まあそうでしょうね)。
 そんなことはともかく、早くも天気は下り坂で、午後から曇り始め、風も少し出てきました。
 そんな折から、投票は午前中早々に済ませて公園まで”自転車で”散歩に。

●鯉のぼり:
 普段まず通らない新興住宅地内の、車が来ない安全な道を通り抜ける時に、何と早くも(早くもないのでしょうか)折りからの風に乗って、鯉のぼりが泳いでいるのを目にして、遠くから望遠で撮らせてもらいました。

 帰宅後、写真を見ると、ぴかぴかの真新しい鯉のぼりのように見えます。
 そして真鯉や緋鯉だけではなく、何と始めて見た、「ウナギのぼり」も泳いでいるではありませんか。
 ともかく可愛いお孫さんのために、うなぎ上りに健やかに育つようにと、高く掲げられたものに違いありません。
 心が和みました。Img_0785t

Img_0786t

Img_0786ct

 
●公園樹木剪定・伐採:
 公園では折しも20数年来の大がかりな樹木の整枝・剪定・伐採作業が進行中でした。
 芝生地にある杉が何本か伐採されたり、林地で大木に育ったケヤキやアラカシが樹冠を形成して上空を覆うまでになり、他の低木は日照不足で枯れたり樹勢が著しく弱っていたりしていましたから、それらの対策なのでしょうか。Photo

 
●公園の桜模様:
 並木道のソメイヨシノは終わっていますが、グラウンドの向こうに1本、オオシマザクラ(未確認)でしょうか、白い花が残っていました。
 1本のしだれ桜は見頃、そして伐採作業が進行中の大木に囲まれて目一杯背伸びしたヤマザクラは見上げる上の方だけ開花中でした。
 お花見の人はもういませんね。Photo_2

|

« 進む季節に春の雪(2015/4) | トップページ | カツラの雄花と雌花、エノキの雄花と両生花 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 進む季節に春の雪(2015/4) | トップページ | カツラの雄花と雌花、エノキの雄花と両生花 »