« カツラの雄花と雌花、エノキの雄花と両生花 | トップページ | 北関東の桜名所(2014/4)/わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車 »

2015年4月15日 (水)

エノキの雄花と両生花(追補)

 先の記事で、エノキの両性花の写真がどうも不出来です。
 実のところ、虫眼鏡がほしいくらい小さな花で、撮影ポイントが必ずしもクリヤーには分かりません。
 そこで、一応の見当はつけながら”山ほど”デジカメのシャッターを押して(現地では画像確認などしないで)、後でパソコンで拡大して使えそうなものを拾う、ということにしています。
 それで、適切なものがありませんでした。
 もう一度だけと思い直して、近くまで撮り直しに行きました。
 このところ連日の冷たい雨や、晴れると吹く強風のせいで花も傷んでいて、特に開花した雄花の多くが花柄だけを枝に残して欠落し、無くなっていました。(写真下1枚目)
 両性花の方はまだ蕾のものもあったりして、前報よりましな画像が得られましたので、追補の写真を掲載しました。

●エノキの花だけを撮るためには、花を個別に採取する必要があります。

 ・本年度枝先の様子と大きさ:Photo

 
 ・雄花:
  再度撮り直し。
  大きさ(雄しべの広がり幅)は直径7mm前後の小さなものです。
  その下に花被片がありますが、自然のままではなかなかうまく撮れません。Photo_2

 
 ・雌花も更に撮りにくいです。
  何とか全体のイメージがつかめる画像になったでしょうか。Photo_3

 午後から雲行きが怪しくなって、18時前には霰混じりの雨と春雷、近くに落雷も。
 お天気の神様も忙しい様子でした。
 ゆっくりお休みしてほしいのですが・・・

|

« カツラの雄花と雌花、エノキの雄花と両生花 | トップページ | 北関東の桜名所(2014/4)/わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カツラの雄花と雌花、エノキの雄花と両生花 | トップページ | 北関東の桜名所(2014/4)/わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車 »