« テイカカズラ、サルトリイバラ葉裏にルリタテハ幼虫 | トップページ | ナガメ、マルツチカメムシ?、ツチカメムシ、オオヒラタシデムシ、クロアリの羽アリ »

2015年5月25日 (月)

アルファルファタコゾウムシ

●アルファルファタコゾウムシ(学名 Hypera postica):

 ついに我が家までやって来た、問題害虫です。
 郵便物を取りに玄関先に出た時に紋扉の縁を這っていました。
R0086890ct

R0086892

R0086894

 (撮影後に掴まえて潰しました。(2015.5.24撮影)

 ・体長約4~6.5mmの甲虫。体型は楕円形。胸部背面の左右および腹部背面の左右から後部にかけて淡褐色で、頭部から腹部背面にかけての中央部は褐色から黒褐色。
 そして全身が毛状の2裂した鱗片で覆われています。吻はほぼ真っ直ぐで、やや太く短い。

 ・マメ科植物(レンゲ・ウマゴヤシ・カラスノエンドウなど)に飛来し,12月~5月上旬に産卵。
 また5月上旬から新成虫が羽化。羽化した成虫は、摂食後5月中旬から樹皮下、建物の隙間、石の下などで集団で夏眠する習性があるという。

 ・養蜂業に必要なレンゲの葉、蕾や花を食害して大きな影響を及ぼしたり、多発して餌不足になると成虫はキュウリ、メロン、ナス、タマネギ等野菜を食害するという問題の外来害虫で、「日本の侵略的外来種ワースト100」仲間*。 
 * http://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/60120.html

|

« テイカカズラ、サルトリイバラ葉裏にルリタテハ幼虫 | トップページ | ナガメ、マルツチカメムシ?、ツチカメムシ、オオヒラタシデムシ、クロアリの羽アリ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。