« スゲドクガ幼虫と繭 | トップページ | コアカミゴケの仲間、カントウマムシグサ、オオヤマフスマ、クロジョウカイ? »

2015年6月12日 (金)

クリンソウ群落(奥日光千手ケ浜)(2015/6)

 梅雨入りしたので当然のように小雨模様の中、日帰りで、栃木県・奥日光の中禅寺湖畔、千手ケ浜の約30万株というクリンソウ群生地の見学に行ってきました。
 http://www.nikko-nsm.co.jp/kurinsou/kurinsou.html

 例年より花の咲くのが、やはりかなり早くなっているそうですが、幸いまだ十分見頃といえる開花状態でした。
 カンカン照りできつい陰影が出来るより、小雨や曇り空の下のほうが、素人にはきれいに撮れたと単純な自己満足でした。

●クリンソウ:
 サクラソウ科サクラソウ属の多年草。山間地の、比較的湿潤な場所に生育し、時に群生。高さ50cmほどになります。Img_1803

Img_1805

Img_8392

R0087079

R0087112

R0087081

 
 なお、ご多分にもれず周辺の貴重な自然の植生がシカによる食害の影響を受けていて、クリンソウ群生地の一部は私有地ですが、そこには周辺にネットが張り巡らされていてして、クリンソウ群落の保護・管理をされていました。Photo

※余談:
 なお(今シーズンの花は終わっているようで、)訪問したことはありませんが、国内最大級で40万株の自生クリンソウ群落が咲くという「ちくさ湿原群生地」(兵庫県宍粟市千種町)も有名のようです。
http://chikusatown.net/tourism/nature/kurinso.html

 

|

« スゲドクガ幼虫と繭 | トップページ | コアカミゴケの仲間、カントウマムシグサ、オオヤマフスマ、クロジョウカイ? »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。