« アジサイ(2015/6) | トップページ | スゲドクガ幼虫と繭 »

2015年6月 9日 (火)

水生昆虫ガムシ幼虫、&オタマジャクシ(2015/6)

 公園の舗装遊歩道沿いにある水田では、すぐ傍に座り込んで水中を観察することが出来ます。
 たまたま散歩の老人ご夫婦がのぞき込んでおられたので、つられて覗いてみました。

●ガムシの幼虫:
 水生昆虫です。幼虫は主にモノアラガイなどの巻き貝を食べ、その他水生昆虫などを餌にして生長。
 土中に潜って蛹になるため、土畦が必要で、また中干しの際干からびて死んでしまうこともあり、生き抜くのは大変らしいです。Photo_4

 
●オタマジャクシ
 昔に較べれば近郊のカエルの姿は激減しています。
 水田に一番多いのはトウキョウダルマガエルで、そのオタマジャクシは、ある程度大きくなると、体にたくさんの黒い斑点が目立ってくるので、見分けが可能です。
 それはともかく、今時は田圃にも数種のオタマジャクシがせめぎ合っていて、無事に親ガエルになることはやはり大変のようです。Photo_5

 親になってもイネ収穫後にやってくるサギ類の餌食にされて、更にその数が減るのですから・・・。

|

« アジサイ(2015/6) | トップページ | スゲドクガ幼虫と繭 »

動物」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。