« キジ、ゴイサギ、ホオジロ、オオヨシキリ、セッカ(6月初旬) | トップページ | アジサイ(2015/6) »

2015年6月 7日 (日)

トタテグモの仲間??、ジグモ

 梅雨入りも秒読みになりました。
 雑草が目立つ雨上がりの草取り。しゃがみ込むと、窪みや腐植植物などの物陰にたくさんのダンゴムシが動き回り、また孵化して間もない小さなナメクジが一気に増えているのが目に映り、うっとうしさが一層増してきます。Photo_12

 
 そんな地面を一匹の暗褐色のクモが横切って物陰に消えていきました。
 ポケットにあったデジカメで2枚。案の定ピンぼけでした。
 何者か分かりませんが、トタテグモの仲間(キシノウエトタテグモ)?に似ているように見えました。Photo_11

 
 それで余計なことを。
●ジグモ:
 昔からジグモがたくさん住んでいます。
 このお方様は、地中にある部分は10cmほど、地上部分も同じくらいある細長い袋状の巣を作っています。
 地面を徘徊、通りかかる小昆虫やダンゴムシ等が袋に触れるのを感知して、袋の中から”きば”を突き出して捕らえ、餌にして暮らしている無毒・無害のクモです。Photo_13

 
 あちらこちらにたくさんありますが、同じ石に数本くっついている中で、太くて丈夫そうな袋を一つ、そーっと引っぱると、長さ18cmほどのものが千切れることなく抜けました。
 そして袋の(底)下の方に向かって“中味”が動いていくのが分かります。R008695318cm

 
 その部分だけ切り取ってシャーレの蓋に載せ、割り箸で膨らみのところを触ると、そこから住人がゆっくりと姿を見せました。B

 
 なかなか立派なお姿のジグモ様でした。実に初対面です。
 ゆっくりとシャーレの縁を一周してから外に出て、物陰の方へ歩いて行きます。Photo_14

 
 引き抜いた袋跡の穴まで連れて行くと、その穴の中に消えていきました。なおこの写真で雌雄の別は分かりません。R0086967

 袋を作るのには数日間はかかるという事で、余計なことをしたものです。
 破れたものは修繕して再利用もするそうです。

|

« キジ、ゴイサギ、ホオジロ、オオヨシキリ、セッカ(6月初旬) | トップページ | アジサイ(2015/6) »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。