« アメリカナマズ(特定外来生物)(2015/8) | トップページ | チビアメバチ亜科の一種の繭?/カイノキ(2015/8) »

2015年8月24日 (月)

トウキョウヒメハンミョウ(2015/8)

 一層暑かった今夏、時折姿を見せたトウキョウヒメハンミョウです。

●庭で:
 7月下旬から、早くもベランダや庭先に、短い地上での営みを終えたアブラゼミが落ちているのを目にしていました。

 8月初旬、体温なみの猛暑日が続いていたある日、触ると暑いくらい焼けた地面の鉄板の上に落ちていたアブラゼミに小さなアリが群がって”処理”をしていました。1r0087879_1

1r0087879_2

 
 そのアリの群れの近くに1匹のトウキョウヒメハンミョウが歩き回っているのを見かけたので、暇つぶしに観察。
 意外にもハンミョウはむやみにアリを襲うことはなく、時にはぶつかりそうになっても無関心の時もありました。1r0087879_3

 
 そして、たまたま歩きを止めた近くにアリが近づいてきたその瞬間、すばやく襲いかかったように見えましたが、捕らえたのかどうかは分かりませんでした。1r0087879_4

1r0087879_5

 
●中旬の池の端で:
 池の水際の地面は水位の変動で沈水したり水面に出たりを不定期に繰り返しているため、雑草もあまり生えない湿地になっています。
 たまたま水位が下がった1日だけ、ごく浅い水たまりになった地面に大量の”小虫”が発生していました。
 中に大きさ1cmほどのハエの仲間がたくさん止まっていた草が一株ありました。
 (不明の)ハエの一部は忙しく地面を歩き回っていました。Img_3248_1

Img_3248_2

Img_3248_3

Img_3248_4

 
 そしてその周辺には多数のトウキョウヒメハンミョウが飛び回っていました。
 忙しく歩き回っているヒメハンミョウはなかなか撮れなかったのですが、数ショット。Img_3248_5

Img_3248_6

 トウキョウヒメハンミョウが”狩り”をする様子は観察できませんでしたが、真上から容赦なく照りつける太陽にじりじり焼かれ、猛烈な湿気にも見舞われて、池の端など日中ウロウロするところではないと懲りたことでした。

|

« アメリカナマズ(特定外来生物)(2015/8) | トップページ | チビアメバチ亜科の一種の繭?/カイノキ(2015/8) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。