« コンバインにまとわりつくアマサギ、チュウサギ、カラスまでも(2015/8) | トップページ | トウキョウヒメハンミョウ(2015/8) »

2015年8月22日 (土)

アメリカナマズ(特定外来生物)(2015/8)

 不規則な雨のため、濁りと貯水量が増えた池の端で。(なお、池は利根川水系に属しているようです。)

●アメリカナマズ(幼魚)(チャネルキャットフィッシュ):
 池に複数の四つ手網と網カゴを沈めてクチボソ(モツゴ)漁をしているおじさんの傍を通りかかったところ、ちょうど一つの網カゴが引き上げられ、獲れた魚をポリ容器に移している時でした。
 覗いてみると、小魚(クチボソ)の他に、テナガエビ、そして体長20cmほどの「ギギ」に似た魚が1匹。1r0088203

2r0088201

3r0088202ct

4r0088200

 しかし子供の頃から知っているギギとは明らかに違います。
 忙しそうに次の準備をしていたオジサンに、聞いて見ました。
 これは何ですか、写真撮っても良いですか?
 ”ああ、どうぞ。外来魚のアメリカナマズの子供だよ”、との返事。
 成魚は1mを越える程にもなり、大食いで、クチボソやテナガエビなども食べてしまい、川魚漁に影響をおよぼす困った魚だという。
 名前を聞くのも実物を見るのも初めてのことで、釣りの趣味がないので知らなかっただけですが、池でヘラブナ釣りをしている釣り人の針にかかることもあるらしく、“外道”としてうち捨てられて、さして珍しいことでもないようでした。

※本種は、現在、環境省から生態系を脅かす「特定外来生物」に指定されています。
参考:
http://www.maff.go.jp/j/budget/yosan_kansi/sikkou/tokutei_keihi/seika_h23/suisan_ippan/pdf/60100341_15.pdf

|

« コンバインにまとわりつくアマサギ、チュウサギ、カラスまでも(2015/8) | トップページ | トウキョウヒメハンミョウ(2015/8) »

動物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。