« カナヘビ、オンブバッタ子供(2015/8) | トップページ | シマツユクサの花(2015/8) »

2015年8月27日 (木)

エサキモンキツノカメムシ、アオクサカメムシ3 齢幼虫

●エサキモンキツノカメムシ:
 公園植栽のカイノキの葉裏に卵を産みつけて”子守”をしていました。
 近くの葉裏に3個体見つかりました。

  ・個体①R0088254_1R0088254_2

 
 ・個体②R0088254

 
 ・個体③R0088254_1_2R0088254_2_2

 
 ・カイノキ:R0088254_3

※エサキモンキツノカメムシ(江崎紋黄角亀虫)(ツノカメムシ科): 
 大きさ(体長)11~14mm。体の周縁部が緑色、中央部が褐色で、胸の両端が尖り、小楯板にある黄色~白黄色のハート紋がトレードマークのカメムシ。 
 ミズキなどの樹上でよく見られます。メスは葉裏に産んだ卵を守る習性があり、この時は近寄っても逃げません。
 出現時期は5月~10月。成虫で越冬し、7月に新成虫が発生します。
 分布は本州、四国、九州。

 
●アオクサカメムシ3齢幼虫:
 草むらに生えたイヌゴマの葉に1匹だけくっついていました。
 3齢幼虫のようです。R00882983

 
 ・イヌゴマ:R0088296_1R0088296_2

 なお、幼虫は齢によって外観が異なります。(5齢幼虫画像参照)
 成虫は光沢のない緑色のカメムシで雑食性。マメ科、イネ科、キク科など広範囲の植物の汁を吸い、野菜や果樹の害虫として嫌われています。
 当ブログには成虫の記録画像はありません。

|

« カナヘビ、オンブバッタ子供(2015/8) | トップページ | シマツユクサの花(2015/8) »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。